スポンサードリンク
   


DHTを抑制する育毛薬


日本人男性の多くは薄毛や抜け毛に悩まされています。
20代から30代の人でも約30%、40代以上の男性なら50%の人が薄毛に悩まされていると言われています。
その多くがAGAという男性型脱毛症によるもので、一度この症状が出てしまうと元に戻るのは非常に困難だともされています。
そしてこのAGAという症状の大きな原因とされているのがDHTという成分です。
DHTというのはジヒドロテストステロンというホルモンの一種で、これが髪を作り出している毛母細胞の活動を低下させ、
髪がしっかりと成長する前に抜け毛になってしまいます。
DHTというホルモンはそもそも胎児の時の陰茎などの外性器の発達を促進する成分となりますが、
大人になってからはこのような抜け毛や薄毛の原因となったり前立腺肥大やニキビの原因となってしまいます。
このDHTの分泌を抑え、AGAを改善するために使われるのがプロペシア等の育毛剤です。
プロペシアは育毛剤と言っても薬のようなもので、通常の育毛剤のように頭皮につけるタイプではなく、
薬のように口から飲むタイプの育毛剤となっています。
プロペシアはそもそも前立腺肥大の治療薬として開発されたものなのですが、
同じくDHTが原因となる抜け毛の対策としても使えるということで注目され、育毛薬として使われています。


タグ:DHT
posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 成分・薬・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


借金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。