スポンサードリンク
   


前髪の抜け毛


前髪の抜け毛が激しく、前髪がどんどん後退してきたという人は注意が必要です。
そういった生え際の後退はAGAの可能性があるからです。
成人男性における薄毛や抜け毛の症状の95%を占めると言わるのがAGAです。
AGAというのは日本語で言うと男性型脱毛症で、主に20代から30代の男性に発症する若年性脱毛症と
40代以降に発症する壮年性脱毛症の療法を合わせた症状のことをいいます。
AGAの症状が出る割合は20代や30代の若い年代では約30%、40代以上の場合は50%以上と言われます。
AGAの主な前髪の抜け毛が目立ち、次第に生え際が後退したり頭頂部から薄くなるなどでそのままなにもせずに症状が進んでしまうと全体がハゲてしまうということになります。
AGAの進行を止めるための薬としてプロペシアという薬が世界中で利用されています。
このプロペシアという薬はもとは前立腺やがんの治療薬として作られたのですが、その副作用として発毛に効果があったためAGAの治療薬として注目されました。
前髪の抜け毛が増えてきたらいきなりAGAを疑ってプロペシアを使えということではありませんが、
非常に危険なサインであることは間違いありませんので、早めの対処をするようにしましょう。


posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 原因・予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


借金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。