スポンサードリンク
   


甲状腺疾患による抜け毛


抜け毛の原因の一つとして甲状腺疾患というものがあります。
甲状腺というのは頚部の前面にある内分泌器官のことで、そこからホルモンが分泌されています。
甲状腺から出るのは甲状腺ホルモンといい、新陳代謝を高めるためのホルモンです。
甲状腺機能低下症という甲状腺の機能が低下してしまう病気がありますが、
この症状として甲状腺ホルモンの分泌が低下してしまいそれによって体内の新陳代謝ができなくなってしまうのです。
髪の毛というのも皮膚等の人体各部と同じように新陳代謝によって成り立っています。
髪が生え、抜けてまた新しい毛が生えてくるというのはまさに新陳代謝そのものですよね。
つまり、甲状腺疾患によって甲状腺ホルモンの分泌が低下し新陳代謝の機能が働かなくなると
髪の毛は抜け毛が多くなり、その分の次の毛が生えなくなったり、
髪の毛がうまく成長せずに細くて弱々しい毛にしか育たなくなってしまいます。
甲状腺疾患による抜け毛に対しては薬の服用で改善することができます。
甲状腺による抜け毛はあくまでも一時的な症状ですので、
甲状腺のホルモン異常を治すことによって通常通りの新陳代謝ができれば抜け毛もなくなります。
もちろん甲状腺が正常に治ったのに抜け毛が続くようなら他の原因を疑う必要があります。


posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 症状・髪の状態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


借金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。