スポンサードリンク
   


前髪の抜け毛


前髪の抜け毛が激しく、前髪がどんどん後退してきたという人は注意が必要です。
そういった生え際の後退はAGAの可能性があるからです。
成人男性における薄毛や抜け毛の症状の95%を占めると言わるのがAGAです。
AGAというのは日本語で言うと男性型脱毛症で、主に20代から30代の男性に発症する若年性脱毛症と
40代以降に発症する壮年性脱毛症の療法を合わせた症状のことをいいます。
AGAの症状が出る割合は20代や30代の若い年代では約30%、40代以上の場合は50%以上と言われます。
AGAの主な前髪の抜け毛が目立ち、次第に生え際が後退したり頭頂部から薄くなるなどでそのままなにもせずに症状が進んでしまうと全体がハゲてしまうということになります。
AGAの進行を止めるための薬としてプロペシアという薬が世界中で利用されています。
このプロペシアという薬はもとは前立腺やがんの治療薬として作られたのですが、その副作用として発毛に効果があったためAGAの治療薬として注目されました。
前髪の抜け毛が増えてきたらいきなりAGAを疑ってプロペシアを使えということではありませんが、
非常に危険なサインであることは間違いありませんので、早めの対処をするようにしましょう。


posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 原因・予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育毛の促進にはしっかりした睡眠を!


抜け毛や薄毛解消のための育毛にはいろいろな方法があります。
そういった髪の毛に関する悩みを持っている人はそれぞれ育毛剤を使ったり頭皮のマッサージをしたりと様々な努力で育毛を試みているとは思いますが、
頭皮に効果的な育毛促進には十分な睡眠が非常に絶対に欠かせないものとなります。
ただ十分な睡眠というものの無駄に長い時間寝ていれば良いということではありません。
質の高い睡眠でなくては育毛促進にはなりません。
質の高い睡眠とはどういうものかというと、
人間は午後11時から午前2時までの間に成長ホルモンが多く分泌されると言われています。
ですのでこの11時から2時という時間をまたいで睡眠時間をとることで成長ホルモンが効果的に分泌されるということになります。
もちろんこの成長ホルモンは頭皮や髪の毛にも影響しますので、結果良い睡眠が育毛促進にも効果があるというわけです。
目的の時間に深い睡眠に落ちるためにはその準備も必要です。
例えば日頃から適度な運動をすることで夜しっかり眠りにつきやすくなります。
いろいろな都合で11時から2時の間にはなかなか睡眠をとれないという方もいると思います。
当然夜更かしや不規則な生活は頭皮や髪にもよくありませんが、
そんな場合であっても育毛を促進するためには最低でも7〜8時間の睡眠時間ほしいですね。
タグ:睡眠
posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 原因・予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜け毛が減らないという悩み


日頃育毛剤や抜け毛対策を毎日のようにがんばっているのに抜け毛が減らないというのはとても気になるとは思います。
毎日朝起きるとついつい枕についた毛を数えてしまったり、洗髪時の抜け毛を数えてしまったりして、
抜け毛が減らないことでさらに不安になってしまうと思います。
そいういった場合は行っている抜け毛対策が間違っているんじゃないかと思われるかもしれません、
育毛剤が効果を発揮してないのではと考える場合もあるでしょう。
しかし、髪の毛が抜けるということは必ずしも悪いこととは限りません。
抜け毛というのは人間の体の各所で起こる新陳代謝の一つですから、むしろ抜け毛が全くないようでは新陳代謝ができていないことの表れでもあります。
もし抜け毛が減らないということで心配なのであれば、日々の全体の総本数をなんとなくでもいいので観察してみて、その総本数に変化が無いか見てみましょう。
抜け毛が多い状態でも全体的に本数が減ってきているわけでないのであれば、それは抜けた分だけ次の毛が生えてきているということになります。
毛は基本的に抜けたとこから生えてくるわけで抜けなければ新しい毛は生えてこないのです。
抜け毛が減らないからと言って毎日気にしすぎるのは精神的にもよくありませんので、
そういったことでストレスをためて新たな薄毛の原因とならないようにしましょう。
タグ:新陳代謝
posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 原因・予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷水で育毛


抜け毛が薄毛を改善するためには様々な育毛の方法があります。
テレビで毎日のように目にするような育毛剤ももちろん高い効果があるのだろうとは思いますが、
そういった育毛剤はどうしても副作用が気になりますし、当然お金もかかります。
自分の肌に合わない物の場合は逆効果になることもありますから、
できればお金がかからなくて副作用もない、誰でも簡単にできる方法がいいですよね。
そうなるとやはり日頃の生活の中でできる育毛の方法ということになります。
例えばシャワーの際の温度に変化をつけるというのも一つの育毛です。
普通シャワーは温水で行うと思いますが、温水と冷水を使いわけることで育毛を促進します。
具体的にはシャンプーをすすぐ際に温水と冷水を交互に頭にかけることによって頭皮の血管が刺激され拡張と収縮を繰り返すことで血行促進の効果を得ることができます。
また入浴前に温めたタオルを頭に巻いておくなどすれば毛穴が広がって溜まった皮脂を落としやすいという効果もあるので試してみてください。
冷水を頭にかけることで毛穴がひきしまり抜け毛防止という効果もあります。
さすがに冬場は冷水のシャンプーというのはつらいと思いますが、夏場ならむしろ気持ちよいので非常にオススメです。
posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 原因・予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜け毛本数の目安


薄毛や抜け毛に悩んでいる方にとって毎日の抜け毛というのは非常に気になる事だと思います。
特に朝起きた時についつい枕の毛を数えてみたり、洗髪の際に抜けた毛を数えてしまったりと気にすることも多いとおもいます。
あまりに毎日気になるので毎日何本抜けたのかを数えて記録するという人もいるでしょう。
しかしどのくらい抜け毛があると危険なのかという目安がないので不安ですよね。
実際1日の間に髪の毛はどのくらい抜けるものなのでしょう。
抜け毛を研究している研究会が調べたところによると平均して1日の抜け毛というのは約70本だということです。
つまりこの70本というのがひとつの目安になると思われます。
しかし当然人によって個人差がありますし、同じ人でも日によって抜け毛の本数にはばらつきがあると思いますので、
この数字はあくまで目安として、自分の平均本数というのを基準にすると良いと思います。
少ない人なら一日50本という人もいれば、多ければ百本以上抜けても特に問題ないという人もいます。
ですから70本より大幅に多いからと言っていきなり気にすることではないと思います。
もちろん急激に抜け毛の数が増えたなどという場合は頭皮になんらかの変化があるということのサインでもあるので注意した方がいいかもしれません。
posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 原因・予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイモで育毛


薄毛や抜け毛の悩みを持っている人にとって試したい育毛の方法はいろいろあると思います。
シャンプーを変えてみたり、頭皮のマッサージをしたり育毛剤を使ってみたり薬に頼ってみたり。
そんな中で最近育毛に高い効果があるということで注目されているのがレーザーブラシのレイモという商品です。
レイモを使用したことで育毛効果が出たという人が非常に多く、
また毎日たったの5分から10分頭皮に当てるだけでOKという簡単さもレイモの人気の秘密のようです。
レイモがまず低出力レーザーが頭皮の細胞を刺激し活性化されることで抜け毛や薄毛の原因となる頭皮の脂質の過剰な分泌を抑えることができます。
また頭皮が刺激されることで新陳代謝も促進されるという効果もあります。
レイモにはマイナスイオン機能もあり、髪に潤いが与えられコシのある元気な髪を取り戻せます。
また、レーザーブラシということで育毛剤や内服薬で心配される副作用がありません。
レーザーブラシは購入にはそれなりの先行投資が必要ですが、
育毛剤のように消費して何度も購入する必要がないので、コストパフォーマンスということを考えれば非常にお得だと言えます。
他の育毛の方法では満足いく効果が得られないという方は一度試してみてはどうでしょうか。
posted by 育毛・抜け毛・薄毛等悩み立ち寄り講座 at | 原因・予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


借金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。